ワークショップにチャレンジ企画: アート作品になるあなた

「山中suplexのみんなと、尼崎のあなた」関連イベント・ワークショップ

―――――――――――――――――――

ワークショップ 陶芸篇「原土をこねてみようか」
※台風19号の影響により、2019/11/3 (日) 14:00–15:00に変更になりました。

2019/10/13(日)14:00―15:00 定員10人 要申込 無料

※9月25日 定員に達しました。

ぼくが掘ってきたいろんなねんど。手で触って、素足で踏んで、こねてみて、そのまま足だけで作ったら、どんな作品ができるかな?

みんなと一緒に作ってみたい!

(当日は汚れてもいい服装で来てね)

担当アーティスト 坂本森海

―――――――――――――――――――

対話型鑑賞会「みんなでおしゃべりしてみようか」

2019/10/19(土)14:00―15:00 定員10人 要申込 無料

「なぜこれがアートなの?」って思うこと、いっぱいあるかもしれません。解説を聞いたりしたこともあるかもしれないけれど、みんなで作品をよく観察して、対話してみると、作品ともたくさんおしゃべりができますよ。

ナビゲーター担当 白旗 幌

―――――――――――――――――――

ワークショップ 模写編「作品をスケッチしようか」

2019/10/20(日)14:00―15:00 定員10人 要申込 無料

僕は石を彫って作品を作ることが多くて、模写って最近できていませんでした。なので、みんなのほうが上手かも。僕が気づけていなかった、おもしろいとこ見つけてくれるかも。僕がみんなと絵を描いてみたいんです!

担当アーティスト 小笠原周

―――――――――――――――――――

作品になるワークショップ 自撮篇「あなたのかげとかたち」

2019/10/20(日)13:00―16:00 定員10人 要申込 無料

あなたが一人の時にどんな顔をしているのか、ちゃんと見たことがありますか?この自撮編では、いろいろなカメラを使って、最後には、大きいフィルムカメラであなたに自撮りをしてもらいたいと思います。撮った写真は、何日か後に、あなたの作品として会場に展示します。どんな写真が撮れているか、ぜひ確かめに来て欲しいです。誰かに撮ってもらった写真や、鏡で見るのともちがう表情のあなたが、写真に写っているかも知れません。

担当アーティスト 前谷開

――――

事前のおしらせ

・小学生とその同伴でいらした保護者対象です。(小学4年生以上はひとりでも参加可能)

・休憩時間があります。

・ワークショップで撮影された全ての写真は、参加者のみなさんにお渡しします。

―――――――――――――――――――

作品になるワークショップ 上演編「からだで動くおへやとおへそ」

2019/10/26(土)13:00―16:00 定員6名程度 要申込 無料

私は画家の人が絵の具で作品を作るように、ものを置いたり動かしたり、自分のからだの動きを作品にしてきました。みんな、ちがうおへやに住んでいるように、おへやもアート作品にできるんですよ。当日は、自分のおへやの好きなところなどをおはなししたり、絵を描いたり、からだも使ってみましょう。みんなが作品になってゆく様子を記録したものを、後日展覧会場にて、アート作品としてお披露目します。

担当アーティスト 宮木亜菜

――――

事前のおしらせ

・小学生対象です。(小学3年生以下は保護者同伴)

・休憩時間があります。

・動きやすい服装でいらしてください。

・当日は記録のために撮影をさせていただきます。

・撮影されたものは,許可なく本展覧会以外で使用することはありません。

―――――――――――――――――――

それぞれのワークショップへのお申込方法

電話 06–7163–7108

メール amalove.a.lab@gmail.com

※メールでのお申し込みの場合は、イベント名・氏名・年齢・電話番号・人数を明記の上、ご連絡ください。 また、空きがあれば当日会場でのお申込みもできます。


山中suplexのみんなと、尼崎のあなた/ Show and Tell: The Artists of Yamanaka Suplex and You

■日時=2019年10月12日[土]〜11月24日[日] (火曜日お休み、むりょう)

            月曜日から金曜日: 11:00–19:00/土・日曜日、祝日: 10:00–18:00

■場所=あまらぶアートラボ A-Lab(えーらぼ)

■アート作品をつくった人(アーティスト)=石黒 健一(いしぐろ けんいち)、小宮 太郎(こみや たろう)、小笠原 周(おがさわら しゅう)、本田 大起(ほんだ だいき)、木村 舜(きむら しゅん)、小西 由悟(こにし ゆうご)、坂本 森海(さかもと かい)、前谷 開(まえたに かい)、宮木 亜菜(みやき あな)、和田 直祐(わだ なおすけ)

■まとめて、見守った人(キュレーター)=小笠原 周(おがさわら しゅう) & 堤 拓也(つつみ たくや)

———————————————————————————————————

主催=尼崎市

助成=文化庁(令和元年度文化芸術創造拠点形成事業)

協力=ベイコム、白旗 幌、たま製作所

問合わせ=

あまらぶアートラボ A-Lab(〒660–0805 兵庫県尼崎市西長洲町2丁目33-1)

A-Lab=電話・ファックス: 06–7163–7108  E-mail: amalove.a.lab@gmail.com 

尼崎市役所文化振興担当=電話: 06–6489–6385

———————————————————————————————————

「あまらぶアートラボ」に来るまえの「あなた」につたえたいこと=

 アート作品とか、げいじゅつ作品って見たことある? 学校とか、図工のときとか、ウサちゃんの絵本とかで聞いたことがあるかもしれない。「アート」って聞くと、まずはじめに、びじゅつかんにありそうな、きれいなものとか、かわいいもの、たくさんの色を使った「池の絵」とか、こわそうな「石でできたハダカの人形」のことを思いうかべるかもしれない。

 たとえば、この近くの「そうごう文化センター」にかざってある「しらがさん」の大きな絵も、アート作品なんだ。しらがさんは、海の近くの工場や、神戸のまちをじょうずにかくことよりも、「お友だちとはちがうことをしたい」という気もちがあった。なので、しらがさんは「手」じゃなくて、「足」をつかって絵をかいたんだ。ほかのお友だちみんなは手でかいていたのに、一人だけ、足で絵をかいていたんだ。だから、しらがさんの絵はアート作品なんだ。

 もしかすると、じょうずな絵とか、きれいな絵だけが、アート作品だと思うかもしれない。でも、大切なことは、しらがさんが足でかいたみたいに、あなたが、あなたのお友だちとは「ちがう」気もちをもっていること。その「ちがい」が大切で、カッコよくて、すばらしいことなんだよ。アート作品は、そのみんなとの「ちがい」を、絵とか、音楽とか、ダンスとか、げきとか、作文とかを使って、お友だちが見れたり、聞けたりするようにしたものなんだ。だから、それをつくるアーティストはすごいんだ。そして、みんなの「ちがい」がかざってある場所が、尼崎の「えーらぼ」なんだ。

 ここにいる「山中suplex(やまなかスープレックス)」という10人のアーティストも、それぞれ「ちがった気もち」でアート作品をつくった。尼崎にいる「あなた」のためにつくったんだ。だから、それを見に来てほしい。えーらぼで、アーティストの「ちがい」を見つけたり、それをお話ししたりしてほしいと思う。そしたら、学校でのお友だちみんなの「ちがい」や、家でのあなたのお母さんやお父さんとの「ちがい」、そして、あなたじしんの「ちがい」が、もっともっと、いとおしくなるかもしれないから。

———————————————————————————————————

関連イベント・ワークショップ(詳細はこちら

1. オープニング + アーティストトーク(山中suplex)

※台風19号の影響により、11月2日 13:00からに変更になりました。

10月12日[土] 13:00 – (2時間程度)/定員25人/申込不要


2. ワークショップ陶芸編 「原土をこねてみようか」(坂本 森海)

※台風19号の影響により、11月3日 14:00 – 15:00からに変更になりました。

※9月25日 定員に達しました。

10月13日[日] 14:00 – 15:00

掘り出したままのいろいろなねん土を、手足を使ってこねてみよう!どんな匂いがするかな?どんな手ざわりかな?(当日は汚れてもいい服装で来てね)

要申込み/定員10人/申込方法: メール、または電話


3. 対話型鑑賞会「みんなでおしゃべりしてみようか」(白旗 幌)

10月19日[土] 14:00 – 15:00

解説を聞くのではなく、参加者みんなでおしゃべり(対話)しながら、展示室の作品たちを鑑賞してみよう! どんなことがみつけられるかな?

要申込み/定員10人/申込方法: メール、または電話


4. ワークショップ 自撮編「あなたのかげとかたち」(前谷 開)

10月20日[日] 13:00 – 16:00

フィルムカメラを使って自撮りしてみよう!普段とはちがう自分の表情が見つかるかも!?

小学生対象(小学3年生以下は保護者同伴)

要申込み/定員10人/申込方法: メール、または電話


5. ワークショップ模写編「作品をスケッチしようか」(小笠原 周)

10月20日[日] 14:00 – 15:00

山中suplexのみんなと、気になった展示作品や、空間をスケッチしてみましょう。また違う何かが見えてくるかも!

要申込み/定員10人/申込方法: メール、または電話


6. ワークショップ上演編「からだで動くおへやとおへそ」(宮木 亜菜)

10月26日[土] 13:00 – 16:00

人のお部屋はどんなだろ。毎日の生活と、そのお部屋をめぐってのおはなし(身体を動かします。当日は動きやすい服装で来てね)。

小学生対象(小学3年生以下は保護者同伴)

要申込み/定員6人程度/申込方法: メール、または電話


※すべて参加費無料

※メールでのお申し込みの場合は、イベント名・氏名・年齢・電話番号・人数を明記の上、amalove.a.lab@gmail.com までご連絡ください。また、空きがあれば当日会場での申込みも可。

※他にもトークイベントの開催を予定しています。詳しくはwww.ama-a-lab.com/ (あまがさきアートラボ A-Lab)か、 www.yamanakasuplex.com/ (山中suplex)をご覧ください。


かみこあにプロジェクト2019に山中suplexメンバーが参加/Yamanaka Suplex participates in Akita Kamikoani Project 2019

かみこあにプロジェクト2019に山中suplexメンバーが参加/Yamanaka Suplex participates in the exhibition of Akita Kamikoani Project 2019 


かみこあにプロジェクト2019 

■概要: 「かみこあにプロジェクト」は、秋田県北部に位置する上小阿仁村が取り組む、里山の魅力を発信するプロジェクトです。現代アート・音楽・伝統芸能の3つの部門を軸にして、現代のアーティストたちによる表現が、上小阿仁村の人や風土、伝統と重なり、様々な風景を作り出します。2012年からはじまる「KAMIKOANIプロジェクト秋田」を含め、今年で8回目の開催になります。
2019年は、それぞれが作品を持ち寄り設置するだけでなく、期間中の滞在制作や公開制作をはじめ、「見る・聴く・食べる・つくる」に繋がるワークショップやパフォーマンスなどの活動を会期中に企画し、それぞれの部門を横断しながら、上小阿仁村で人々との交流を創出することを目指します。 

 ■開催日程: 2019年8月10日[土]から9月8日[日] 9:00–17:00  

■開催地: 八木沢会場=八木沢公民館、八木沢集落、棚田/沖田面会場=旧沖田面小学校/小沢田会場=道の駅かみこあに 

 ■参加アーティスト: 石黒 健一、大越 円香、大小島 真木、大野 高輝、大森 興二、小笠原 周、貝塚 歩、木村 舜、空気 ひとし、國政 サトシ、小西 由悟、小宮 太郎、齋藤 瑠璃子、坂本 森海、櫻井 隆平、菅原 綾希子、田原 唯之、永沢 碧衣、長門 あゆみ、日比野 桃子、船山 哲郎、本田 大起、前谷 開、KAZAEMON Project <皆川嘉左エ門+皆川嘉博>、ミマチ アカリ、宮木 亜菜、和田 直祐

https://www.kamikoani-project.com/

Using Format